井上文の隷嬢DVDレビュー

January 31, 2010

DECH-005『クロロホルムの世界 幻惑のクロロホルム』

6人の美女がもがきつつ昏睡して恥辱の縄に身悶える――
抵抗シーンと目覚めのもがきシーン、さらに再昏睡シーンを凝縮!!


「英田シムカ篇」

kuroro12_0000.jpg kuroro12_0001.jpg
kuroro12_0007.jpg kuroro12_0002.jpg

椅子に座って外国の絵本を読んでいるところへ、背後から謎の美女にクロロホルムを嗅がされるムシカ嬢。気づけば麻縄でホグタイに緊縛され、口には棒状のバイトギャグ。ダークグレーのミニスーツはもがくうちにスカートが捲れ上がり、ギャグをボールギャグに取り替えられると、やがて呻き声には官能的な響きが……。
控えめなチラリズムが逆に色濃い淫靡さを感じさせる1篇です。


「李麗以篇」

kuroro12_0008.jpg kuroro12_0009.jpg
kuroro12_0010.jpg kuroro12_0011.jpg

スレンダーボディでありながら濃厚なフェロモンを抑えきれない李麗以嬢。見どころは眠らされて棒のように横たわる彼女が着々と縛りあげられていくシーン。意識を失った女体が醸す独特の悩ましさにいけない妄想を掻き立てられます。眠らされる前、また目を覚ましてからのアグレッシブな抵抗ぶりにもご注目。


「水美津希篇」

kuroro12_0012.jpg kuroro12_0013.jpg
kuroro12_0014.jpg kuroro12_0015.jpg

適度な重みを感じさせる肉感的な脚が魅力の美津希嬢。クロロホルムを口に当てられてから意識を失うまでの長い抵抗が否応なしにエロティックです。覚醒すると口をテープでふさがれている彼女は、手も足も縛られたまま「あんっ……あぁんっ」と小刻みな悲鳴を上げて、ふくよかな太腿の付け根をレンズに晒します。
終盤、再びクロロホルムを嗅がされるシーンでは、背後から密着した男の手に何やら官能的な蠢きを見ることができます。


「石森恵梨菜篇」

kuroro12_0016.jpg kuroro12_0017.jpg
kuroro12_0018.jpg kuroro12_0019.jpg

冒頭からスタイルのよさに目を奪われます。全てが女性的とでも言いましょうか、抵抗するシーンでは体に骨がないかのようなクニャクニャした動きで劣情を煽り、緊縛された状態で目覚めると、まるで喘ぎ声のような扇情的な声で男の本能を刺激してきます。
何度も眠らせて何度も悪戯したくなる……そんなあからさまな欲望を掻き立てずにはおかない1篇。


「聖青空篇」

kuroro12_0020.jpg kuroro12_0021.jpg
kuroro12_0022.jpg kuroro12_0023.jpg

まず目を引き付けられるのはセーター越しにもクッキリと分かるノーブラの乳首です。なんという卑猥なボディでしょうか。クロロホルムで眠らされると、その「ただ寝ている」という姿だけでもド迫力。ましてやホグタイに縛られて胸をそらせば、各身体パーツの曲線や隆起がますます際立ち、エロスの塊とでも呼ぶ他になくなります。
テーマであるクロロホルムを圧倒するその存在感は作品全体のアクセントにもなっているようです。


「伊沢涼子篇」

kuroro12_0003.jpg kuroro12_0004.jpg
kuroro12_0005.jpg kuroro12_0006.jpg

ジーンズ地のホットパンツ姿でくつろぐ伊沢涼子嬢。この隷嬢の魅力はなんと言ってもリアクションの大きさ。クロロホルムを嗅がされれば悲鳴を上げて脚をバタつかせ、緊縛されて目覚めれば目玉を剥いて熱烈なパフォーンスを披露。他の隷嬢に比べて縛りが厳重なのも頷けます。
こういうアグレッシブな人にこそクロロホルムの効果が期待されるというものでしょう。

六人それぞれの反応がコンパクトなストーリーにまとめられ、クロロホルムものの魅力を端的に表現している作品。オールクライマックスシーンとも呼べるファン垂涎の1本です。


reijoh_shashinkan at 20:00|PermalinkComments(0) Share on Tumblr

DFBG-001『Bondage Gear Collection 織田荊乃 in Bondage』

シンプルでハードな構成がボンデージギアの凄みを抽出
織田荊乃×拘束具=グロテスク・ビューティ!!


「チャプター1」

白いロングブーツに白い拘束衣、白いポンプギャグを装着された荊乃嬢が声もなく身を捩らせている冒頭。そのフォルムは一見奇妙で、人の顔をしたクリオネを見ているような不思議な感覚を覚えますが、腕を通す袖がありながら手の出口がない拘束衣のグロテスクな形状にジワジワと怖さが込み上げてきます。

oda_12_0000.jpg
↑静寂の中で衣ずれの音だけがカソコソと響いています。

どれだけあがこうと拘束衣を破ることはできません。やがてポンプギャグだけは外されますが、自由にならない腕はなまじ袖がある分だけストレスを覚えるはずです。

oda_12_0001.jpg
↑腕を組んだ形のまま動かすことができない拘束衣。

やがてようやく拘束衣の呪縛が解かれると、今度は両脚と両手首が頑丈な革ベルトで括られた上、内側に突起のついたスタッフドギャグが装着されます。

oda_12_0002.jpg
↑必死にギャグを外そうとする荊嬢。

ボンデージギアが持つ独特のインパクトが見ているこちらにまで窒息感を与えます。
やがて荊乃嬢は(ギャグを外せないように)後手に拘束し直され、いよいよ芋虫のようにもがくことしかできなくなってしまいました。


oda_12_0003.jpg oda_12_0004.jpg

こうして手足を完全にもがれた荊乃嬢は大きな瞳を潤ませて身悶えするのですが、映像は尚も続き、さらに新たなボンデージギアが追加されていくことになるのです。

oda_12_0005.jpg oda_12_0006.jpg


「チャプター2」

映像はほぼそのまま後篇へと続きます。
革ベルトで椅子に固定され、リング状になったギャグの栓を抜かれてコップに唾液を採取される荊乃嬢。

oda_12_0007.jpg oda_12_0008.jpg

海外の残酷なボンデージビデオにも通じる渇いた緊迫感があります。

oda_12_0009.jpg
↑これは一本で上半身を丸ごと拘束できる革ベルト。

椅子から解放されるのと同時に立位で拘束された荊乃嬢は、時折低い呻き声を発しながらカメラの前で苦悶のダンスを繰り広げます。

oda_12_0010.jpg oda_12_0011.jpg
↑「くわぅ」「んぶわぅ」というような、日本の猿轡では聞かれない呻き声です。

さらに終盤にはアイマスクが追加され、顔を失くした荊乃嬢は不可思議なオブジェとして非日常的な動きを延々と披露し続けることになるのです。

チャプター1、2を通じてぶっ続けで撮影が行なわれていることを想像させ、それがゾクッとするような冷たい厳しさを感じさせる作品。各種ボンデージギアのオーラが醸す緊迫感、構成のハードさが尾を引く後味をもたらす1本です。


reijoh_shashinkan at 20:00|PermalinkComments(0) Share on Tumblr

January 06, 2010

DDID-001『緊縛隷嬢 瀬名えみり』

人気AV女優・瀬名えみりが目指すリアリティの追求と
「隷嬢寫眞館」のスタイルがドッキングした新しい着衣緊縛エロス!!

ハードレイプものや濃厚な痴女もの、アナルファックものなど過激な作品に出演することも多い人気AV女優・瀬名えみり嬢。その体当たりの熱演ぶりは「隷嬢寫眞館」の作品でも遺憾なく発揮されています。

「第1章」

冒頭、ソファが一脚置かれただけの怪しい部屋で「ここは……どこ?」と戸惑った顔を見せているえみり嬢。

emiri_12_0000.jpg
↑ただ座っているだけの姿からもフェロモンを感じさせます。

ふいに空気が乱れると、謎の男がえみり嬢を後手に緊縛し始めます。

emiri_12_0001.jpg emiri_12_0002.jpg
↑「ちょっとやめてよ!」「ああんっ……触んないで!」。鋭い声が響き渡る格闘シーン。無理やりに縛られていく緊迫感が丁寧に表現されています。

胸縄が施されるとえみり嬢のふくよかな乳房が否応なく際立ち、さらに二重の猿轡を嚙まされることで絶体絶命感が演出されます。

emiri_12_0003.jpg emiri_12_0004.jpg
↑常に抵抗して身を捩り、抗いの声を上げ続けるえみり嬢。

脚まで縛られてソファに放置されたえみり嬢は不自由な身体を様々に動かして脱出を目指します。しかしもがけばもがくほどに縄は食い込み、短いスカートはより扇情的に捲れ上がってしまいます。

emiri_12_0005.jpg emiri_12_0006.jpg

さらに首と太腿を縄で繋がれて窮屈な前傾姿勢をとらされるえみり嬢。横倒しになるとパンティストッキングに包まれた形のよいヒップがあらわに……。

emiri_12_0007.jpg

人によっては縄で搾られた黒レザーのブーツにフェティッシュな魅力を覚えるでしょう。しかし改めて上半身に目を向けると、猿轡に唾液が滲み出したこんな顔も注目ポイントになるのはないでしょうか。

emiri_12_0008.jpg
↑本気で声を出し続けると猿轡はこういう具合になるようです。


「第2章」

木製の椅子に腰かけたえみり嬢。背筋を伸ばしてホットパンツから伸びた長い脚を組んだ姿は名画のよう。

emiri_12_0009.jpg

ストーリーは想像する以外にないのですが、縄が入ると「ムリムリムリムリ! 痛っ……痛いっ!」とえみり嬢が顔をしかめて叫びます。監督曰く、こういう台詞や表情はえみり嬢のこだわりによるアドリブなのだそうです。

emiri_12_0010.jpg
↑自分の中でリアリティを確立してから演じるのがえみり嬢のポリシー。だから敢えて「ぐえぇっ」というような飾らない呻き声も迸り出ます。
確かに、ただ大人しく縛られるだけでは不自然ですからね。

emiri_12_0011.jpg emiri_12_0012.jpg
↑口に詰め物を入れられるシーンでは激しく咳込んで詰め物を吐き出しそうになり、テープを貼られる時は男を蹴り飛ばそうとします。

圧巻のパフォーマンスが見られるのは椅子に固縛されて放置されるシーン。首と脚以外に動かせるところがないのですが、この脚の暴れっぷりが見事なのです。

emiri_12_0013.jpg emiri_12_0014.jpg
emiri_12_0015.jpg emiri_12_0016.jpg
↑キャプチャでは分かりにくいでしょうか。靴が脱げて飛んでいくのも構わず、関節の動く限り白い脚をダイナミックに振り回しています。

「はっはっ」と息を乱し、ホットパンツの付け根を際どく晒しながら、休むことなくもがき続けるえみり嬢。やがて自然と縄が解け始めると、意地悪な男に縄を足されて厳重なあぐら縛りを施されてしまいます。

emiri_12_0017.jpg

それでも髪を振り乱して椅子を倒さんばかりに脱出を試みようとするえみり嬢。
果たしてその結末は!?


「第3章」

ジーンズのミニスカートに白いタートルネック。第3章は床から始まります。
emiri_12_0018.jpg
↑改めてスタイルのよさが分かりますね。

縄を掛けられると……今度のえみり嬢は気弱な泣きキャラであることが判明します。怖くて抵抗できないという設定ならきっちり縛られてしまうのもリアルだという判断でしょう。

emiri_12_0019.jpg

特大のボールギャグを嚙まされたえみり嬢は「くにゅーん」とも「ふむぅんっ」ともつかないアニメ風の泣き声を発し、眉を八の字にしてさらに縄を受け入れていきます。

emiri_12_0020.jpg

泣きキャラだけに、放置されてからのリアクションもおしとやかです。「うっ」「くうっ」と切れ切れに声を出し、ミニスカートの付け根を覗かせながら、じっくり、じんわりともがく感じ。

emiri_12_0021.jpg
↑脚が床に擦れるサラサラという音が妙に卑猥だったりも。

たっぷり鑑賞したところで首縄が足されます。すると声や表情に緊迫した悲愴感が滲んできます。今にも泣き出しそうな震えた声。少しずつ精神的に追い詰められている感じが表現され、最後は彼女の中で何かが壊れます。

emiri_12_0022.jpg
↑狂気を孕ませた声を発して首を振りまくるえみり嬢。

この情動の迸り……、えみり嬢ならではの探求精神をしみじみと感じさせてくれる素晴らしいシーンになっています。必見です。

全体として「瀬名えみり」という女優の知られざる魅力が詰め込まれた作品。動きの一つ一つに意味を持たせるアドリブと彼女なりの納得が生むリアリティは、「隷嬢寫眞館」×「瀬名えみり」のコラボレーションとも言うべき新しさをもたらしています。


reijoh_shashinkan at 02:00|PermalinkComments(0) Share on Tumblr

DDID-002『緊縛隷嬢 菜月綾』

清純派美少女かセクシーな淫女か……菜月綾が魅せる
拘束された女体の様々なカタチ!


「第1章」

ロリータから人妻、女教師まで、幅広い役どころをこなしてきたAV女優・菜月綾嬢。かつては水来亜矢の名前で清純派美少女としても活躍していた人気女優さんです。そんな綾嬢が「隷嬢寫眞館」ではいったいどんなパフォーマンスを見せるのでしょうか……
冒頭からランジェリー姿での登場。バックにおどろおどろしい音楽が流れ、黒ずくめの男が綾嬢に白いロープを掛けていきます。

natuki_12_0000.jpg
↑ダークな音楽にふさわしいアンニュイでセクシーな表情。

うっとりと感じ入っているようにも見えますが、ボールギャグを噛まされるところから激しい抵抗が始まります。

natuki_12_0001.jpg
↑官能的な呻き声を迸らせて切なく身を捩る綾嬢。

やがてソファに投げ出されて放置されると踊り子としてのキャリアもあるしなやかな肉体を柔らかくクネらせ、たちまちM的な色気を滲ませるのでした。

natuki_12_0002.jpg


「第2章」

着衣からのスタートです。身体にぴったりと貼り付いた衣装がセクシーな肉感ボディを際立たせています。

natuki_12_0003.jpg natuki_12_0004.jpg

手足の自由が奪われると口に詰め物を入れられ、上からテープを貼り付けられてしまいます。

natuki_12_0005.jpg

そして立ち姿でのもがき鑑賞タイムへ。着衣越しにも分かるEカップのたわわな乳房も妄想を掻き立てますが、オーバーニーソックスに包まれた形のよい脚も魅力の一つです。

natuki_12_0006.jpg


「第3章」

コンパクトな章立てでサクサク進行していく作品です。ここでの綾嬢は白い清楚な下着姿。冒頭からハリツケ台に膝立ちで拘束されて……

natuki_12_0008.jpg

むっちりとしていながらも緩やかにくびれた艶めかしい腰を左右に振ってもがきます。
続けて座りポーズへ。自由度の高い縛りに変更された分、綾嬢の白いナイスバディがダイナミックに動きます。その姿は人魚さながらです。

natuki_12_0009.jpg natuki_12_0010.jpg
natuki_12_0011.jpg

さらにチャームポイントの脚を吊り上げられると人魚の美しさが一層際立ちます。

natuki_12_0012.jpg


「第4章」

制服のようにも見える清楚なスーツ姿での緊縛です。

natuki_12_0013.jpg natuki_12_0014.jpg
↑この長い脚! 劣情を掻き立てずにはおきません。

詰め物をした口にテープが貼り付けられると、第2章の後半と同様、立ち姿でのシンプルなもがきが披露されます。

natuki_12_0015.jpg natuki_12_0016.jpg

この寸止め感は狙いでしょうか、散々妄想を煽ったところで「第4章」は終了、さっくりと最終章へ突入します。各章ごとにテーマを絞り込んでいるようですね。


「第5章」

ラストは今作唯一の長編です。衣装はシックなレザースーツ。冒頭からアグレッシブ且つ非常にセクシーなもがきが披露されます。

natuki_12_0018.jpg

少しだけ覗けたお腹といい、スカートの奥の陰りといい、極上のチラリズムが目を引き付けずにはおきません。レザーごと縛られた手首や網タイツに包まれた脚など各パーツの細部にも注目です。

natuki_12_0019.jpg natuki_12_0020.jpg

そして中盤で登場するこの猿轡。「囚われの美女」の風情をググッと高めているではありませんか。

natuki_12_0021.jpg

後半になるとこの猿轡がどんどん重ねられていきます。同時に縄も足され、縛りが厳重に。

natuki_12_0022.jpg natuki_12_0023.jpg

最後の最後には、こんなものが出現します。

natuki_12_0024.jpg
↑ダイナマイトの束!!

映像の残り時間はあと約5分。綾嬢の最後の呻き、もがき、そして運命は!?

様々な作品でバラエティ溢れる役をこなしてきた菜月綾嬢にふさわしく、各章ごとの衣装・シチュエーションで七変化とも呼べる変わり身を贅沢に見せてくれる作品。貴方が一番グッとくるのは第何章の綾嬢でしょうか。


reijoh_shashinkan at 02:00|PermalinkComments(0) Share on Tumblr

December 06, 2009

DDOS-034『緊縛と猿轡21 縄が食い込む』

縄擦れの甘美な音と共に淫らボディが咲き乱れる
肉感美熟女&肉感ロリータが魅せる食い込みロマン!


「縄が食い込む1」出演:吹雪美紅

黒レザーのミニスカートに白いブラウス、黒革のロングブーツ。じっとカメラを見詰める瞳が痴女のような色気を醸している吹雪美紅嬢です。乗馬をさせたら似合いそうな佇まいですが、自分が馬になって乗馬されたいという気分にも……。

c65a1ef7.jpg

↑この挑発的な眼差し。むしろM心をくすぐられてしまうのは私だけでしょうか。

そんな美紅嬢に麻縄による厳格な緊縛が施されます。

92ec265b.jpg
fe33b869.jpg

↑艶めかしい肉感をこれでもかと強調。特に脚の見ごたえは何とも言えません。

やがて猿轡を嚙まされてソファに押し倒される美紅嬢。もがくほどみにミニスカートが捲れあがり、麻縄&古典的猿轡の情感と相まって昭和SM的湿っぽさが滲みます。

e882ed5d.jpg


ボリュームのある肉感もさることながら、呻き声の卑猥さも見逃せません。中でも膝と首を縄で繋がれて床に転がされた時の声は悩ましいの一語に尽きます。

5ee61888.jpg

↑深みのある、大人の女の呻き声を漏らして妖しく身をくねらせる美紅嬢です。


「縄が食い込む2」出演:吹雪美紅

衣装を変えて赤いニットのミニワンピース編へ。ニットが身体にぴったりフィットしているので胸の膨らみがよく分かります。

7c6cdd9b.jpg

↑端的に言って巨乳です。ゴクリ。
美紅嬢は縛られることがとても好きなのだと思います。縛られている最中の表情に陶酔の色が見えます。

46a219a3.jpg

↑目がトロンとしています。

7159236c.jpg

↑ちなみに後ろはこうなっています。つくづくいやらしい体つき。

縛りが完成すると口に詰め物を入れられてテープを何重にも貼られ、ソファに放置されます。

443d141e.jpg

↑やがてソファから床に落ち……。

チラリと見えるパンストのクロッチが匂い立つよう。美紅嬢の熟したボディの魅力が存分に引き出された2篇でした。


「夏の日の初体験」出演:堀内早苗

ここで隷嬢が交代。肉感ロリータとでも言いましょうか、やはり縄の似合うムチムチ肢体を持った早苗嬢が、タイトル通り初々しい反応を見せてくれます。

c21ee393.jpg
63007612.jpg

↑顔は幼いのにボディは大人。純朴そうな顔をしているのに下半身は猥褻そのもの。

今にも泣き出しそうな声を上げつつ、麻縄をギチギチと鳴らして力のこもった「もがき」を見せる早苗嬢。さらに縄と猿轡が足されると、もはや罪深いとしか言いようのない悲愴感が漂います。

519050b4.jpg


c187c14f.jpg

↑最後は迫力満点の緊縛ホグタイへ。

全編を通じ、「厳しいことはイヤラしい」という緊縛のエロスを改めて示してくれる作品です。


reijoh_shashinkan at 23:00|PermalinkComments(0) Share on Tumblr
新作DVD
アーカイブ