こだわり紹介

April 09, 2012

バックシーム

新作の中でのこだわりポイントをマニアックな視点でピックアップ。

p1759_01.jpg
シームと称することもあるもので、本来は縫い目の意味。古い時代、ストッキングを脚の後が来る部分で縫い合わせた跡の線を指していた。やがて技術が進歩して、縫い目が残らないように制作出来るようになり、縫い目無しを売りにしたストッキングをシームレス・ストッキングと称するように。これが圧倒的な支持を得て、シェアが逆転し、かつてはストッキングと無修飾で表記したらシーム付きが当たり前だったのが、今ではシームレスのほうを指すように。そしてシーム付きは一時期絶滅危惧種にまで追い込まれてしまったのでありますが、そのデザイン性を評価され、あえてシームを付けたデザインストッキングが登場。この頃になると最早シームだけではわかりづらかったのでしょうか、バックシームという言葉で表記されるようになっておりました。今では様々なデザインのバックシーム・ストッキングが出回っており、フェチ人間を大いに楽しませてくれています。
p1751_01_20120408190353.jpg


reijoh_shashinkan at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 08, 2012

スチュワーデス

新作の中でのこだわりポイントをマニアックな視点でピックアップ。

p1748_05.jpg
けっこう撮ってたつもりでありましたけれども、意外と少なかったのがこのスチュワーデスです。コスプレの王道なんだから、もう少し生産しないとなと思ってます。
p1748_03.jpg


reijoh_shashinkan at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 07, 2012

柄スト

新作の中でのこだわりポイントをマニアックな視点でピックアップ。

p1760_06.jpg
女性のファッションでは当たり前の柄ストッキング(この記事ではタイツ&パンスト&ストッキングを含めます)でございます。が、男性目線ですとエロの対象としての認知度は決して高いとは申せません。逆にあまりエロいと思われないから女性の普段着に取り入れられやすいというのもあるでしょうね。
写真一枚目は東條紗耶さんの実は私物でございました。典型的な柄ストでございますね。中古販売では速攻で売れてしまったのを記憶しております。
p1753_03.jpg
写真2枚目は網状の柄ストッキングです。一見すると網タイツと見間違えてしまいがちですが、繊維そのものは通常のストッキングですから、網タイツに分類出来ないものです。実は衣類の分類の中で誤判定しているものもあるかもしれませんので、今後この点につきまして更なる見直しをしていきたいと考えております。
p1754_06.jpg
写真3枚目はラメ入りのガーターレスストッキングです。一時期コンビニでもよく置かれていたものですので、女性の間でけっこう流行ったのではないかと思います。

今後も入手出来たものから撮影に取り入れていきたいと思っております。


reijoh_shashinkan at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 06, 2012

ブーツ

新作の中でのこだわりポイントをマニアックな視点でピックアップ。

p1757_03.jpg
ブーツ・マニアの嗜好が色だ丈だ材質だなどと複雑に細分化していることは過去に述べているかもしれないので、ここでは触れません。
今回登場するブーツは、黒系で膝下であるということがポイントです。そして、2作品あるのだけれども、ハイヒールタイプのものと、厚底タイプのものとそれぞれ登場するということも付記しておきましょう。
p1750_05.jpg


reijoh_shashinkan at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 05, 2012

長襦袢

新作の中でのこだわりポイントをマニアックな視点でピックアップ。

p1751_01_20120403205313.jpg
隷嬢寫眞館で密かに続いているアンバランスものの最新作でございます。
アンバランスといっても、特に深い意味はございません。かの恐怖劇場アンバランスも全く関係ありません。和装下着の襦袢に、洋装のストッキングを併せてるので、アンバランスな作品という意味合いでございます。それでも細々とではありますがシリーズが続いているところは自分でも呆れるところです。
p1751_06.jpg
作品には夏川梨花さんが登場しています。なんとノーパン胸出しで頑張っていただきました。


reijoh_shashinkan at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
FANTIA and PATREON


アーカイブ