February 20, 2007

着装文化通信24 コントーション

バレエ、新体操、フィギュアスケート、バレーボール、などは定番でしょうか。けど、柔道や剣道は、私自身はアウトかな。サーカスの軽業…中国雑技団の少女達…あたりはなんとなく珍しさや奇妙さが際立っていますし、セーフっぽいような気も致します。更にここ数年で一気に市民権を得たような「ヨガ」は…難しいところです。微妙ですがその宗教的精神鍛錬的イメージを考えればエロとはほど遠い気もするのですが…。
 唐突な始まりで恐縮です。一見、エロやフェチのなどとは一切関係がなく、健全で爽やかなものの中からも積極的にボンデージ的要素を発見し、普段の日常に彩り(緊縛)をそえていこうではありませんか、という地下活動を個人的におこなっているというお話です。一口にいえば、「エロを感じるかどうか」ということなのですが(笑)。
 極度に柔軟な姿勢での緊縛についての調査を進めておりましたところ、どうやらそのような姿勢をとることの総称を、「コントーション」(Contortion)というらしいことがわかりました。そういうわけで今回のテーマは「コントーション・ボンデージ」、分かりやすくいうと「柔軟・軟体フェチ」といわれるジャンルについてのお話です。
 撮影の為に縛らせて頂き、もがいたり、抜け出そうとしたり、ポーズをとって頂いたりする時に、身体が柔らかい、ということは以外と重要なポイントになってきます。特に隷嬢寫眞館のお約束的設定は拘束された女性の無駄にもがく様をじっくりと観賞したい、というものですので、身動き一つできない状態にまで拘束してしまうということはほとんどありません。じたばたと抵抗はできる…けれども抜け出せない。ここのあたりのさじ加減がとても重要な要素なのであります。後ろ手で縛ってホグタイやあぐら縛りの状態でジタバタして頂くくらいのことですが、やっぱり関節の柔らかいモデルさんですと、元気にもがいていただけますので、こちらとしても縛り甲斐のあることでございます。そして、中には、そんな次元でないレベルの柔軟さをもつモデルさんが稀にいらっしゃいます。
 「コントーション」とは、「極限の柔軟性」をみせる、基本的にはフェチ、というよりはアーティスティックな意味で、人間の体の柔軟性を極限まで見せる、体の柔らかさを見せる柔軟芸という芸術、パフォーマンスのことですから「コントーション・ボンデージ」とは写真のような、どこがどうなっているのやら、な状態で、更に縄をかけたとんでもない状態のことを指します。
 不自然極まりないこのポーズ、人間というよりは奇妙な生き物にさえ見えてくるこんな状態での緊縛に対して、これほどの興味と喜びを持つ私は、果たしていかがなものでしょうか。
 この「緊縛実験」という作品はそんな気分から制作された、まさに実験作品でありました。
 どこで得た知識なのか、もはや定かではないのですが、私は長い間この縛り方を「魔女縛り」というのだと思って使用していたのですが、ネットでの検索結果を見るにつけてはどうもそういった通称は存在しない可能性が浮上致しました。(ご存知の方にご教示賜りますれば幸甚これに過ぎるものはございません。)
 この不思議な拷問のような…縛り…というかポーズ…。(どうもヨガにこのポーズが存在するらしいです。) 折り畳まれた身体に不自然に覗く顔と腕。無防備な股関節。苦しげに見上げる目。こんな状態の女性を更に縛り上げて固定してしまえば、あとはまるで丸い物体のようなその女性のうめき声が聞こえるばかりとなるわけでございます…。
 嗚呼、ということはヨガもエロに含むということになるのですね。
 今後も体操、シンクロ、フィギュアスケート、バレエ等々、一見健全度100%の爽やかなスポーツの中のフェチ要素について追求していきたい所存なのであります。


reijoh_shashinkan at 13:05│Comments(0)TrackBack(0) コントーション 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
FANTIA and PATREON


アーカイブ