January 06, 2010

DDID-002『緊縛隷嬢 菜月綾』

清純派美少女かセクシーな淫女か……菜月綾が魅せる
拘束された女体の様々なカタチ!


「第1章」

ロリータから人妻、女教師まで、幅広い役どころをこなしてきたAV女優・菜月綾嬢。かつては水来亜矢の名前で清純派美少女としても活躍していた人気女優さんです。そんな綾嬢が「隷嬢寫眞館」ではいったいどんなパフォーマンスを見せるのでしょうか……
冒頭からランジェリー姿での登場。バックにおどろおどろしい音楽が流れ、黒ずくめの男が綾嬢に白いロープを掛けていきます。

natuki_12_0000.jpg
↑ダークな音楽にふさわしいアンニュイでセクシーな表情。

うっとりと感じ入っているようにも見えますが、ボールギャグを噛まされるところから激しい抵抗が始まります。

natuki_12_0001.jpg
↑官能的な呻き声を迸らせて切なく身を捩る綾嬢。

やがてソファに投げ出されて放置されると踊り子としてのキャリアもあるしなやかな肉体を柔らかくクネらせ、たちまちM的な色気を滲ませるのでした。

natuki_12_0002.jpg


「第2章」

着衣からのスタートです。身体にぴったりと貼り付いた衣装がセクシーな肉感ボディを際立たせています。

natuki_12_0003.jpg natuki_12_0004.jpg

手足の自由が奪われると口に詰め物を入れられ、上からテープを貼り付けられてしまいます。

natuki_12_0005.jpg

そして立ち姿でのもがき鑑賞タイムへ。着衣越しにも分かるEカップのたわわな乳房も妄想を掻き立てますが、オーバーニーソックスに包まれた形のよい脚も魅力の一つです。

natuki_12_0006.jpg


「第3章」

コンパクトな章立てでサクサク進行していく作品です。ここでの綾嬢は白い清楚な下着姿。冒頭からハリツケ台に膝立ちで拘束されて……

natuki_12_0008.jpg

むっちりとしていながらも緩やかにくびれた艶めかしい腰を左右に振ってもがきます。
続けて座りポーズへ。自由度の高い縛りに変更された分、綾嬢の白いナイスバディがダイナミックに動きます。その姿は人魚さながらです。

natuki_12_0009.jpg natuki_12_0010.jpg
natuki_12_0011.jpg

さらにチャームポイントの脚を吊り上げられると人魚の美しさが一層際立ちます。

natuki_12_0012.jpg


「第4章」

制服のようにも見える清楚なスーツ姿での緊縛です。

natuki_12_0013.jpg natuki_12_0014.jpg
↑この長い脚! 劣情を掻き立てずにはおきません。

詰め物をした口にテープが貼り付けられると、第2章の後半と同様、立ち姿でのシンプルなもがきが披露されます。

natuki_12_0015.jpg natuki_12_0016.jpg

この寸止め感は狙いでしょうか、散々妄想を煽ったところで「第4章」は終了、さっくりと最終章へ突入します。各章ごとにテーマを絞り込んでいるようですね。


「第5章」

ラストは今作唯一の長編です。衣装はシックなレザースーツ。冒頭からアグレッシブ且つ非常にセクシーなもがきが披露されます。

natuki_12_0018.jpg

少しだけ覗けたお腹といい、スカートの奥の陰りといい、極上のチラリズムが目を引き付けずにはおきません。レザーごと縛られた手首や網タイツに包まれた脚など各パーツの細部にも注目です。

natuki_12_0019.jpg natuki_12_0020.jpg

そして中盤で登場するこの猿轡。「囚われの美女」の風情をググッと高めているではありませんか。

natuki_12_0021.jpg

後半になるとこの猿轡がどんどん重ねられていきます。同時に縄も足され、縛りが厳重に。

natuki_12_0022.jpg natuki_12_0023.jpg

最後の最後には、こんなものが出現します。

natuki_12_0024.jpg
↑ダイナマイトの束!!

映像の残り時間はあと約5分。綾嬢の最後の呻き、もがき、そして運命は!?

様々な作品でバラエティ溢れる役をこなしてきた菜月綾嬢にふさわしく、各章ごとの衣装・シチュエーションで七変化とも呼べる変わり身を贅沢に見せてくれる作品。貴方が一番グッとくるのは第何章の綾嬢でしょうか。


reijoh_shashinkan at 02:00│Comments(0)TrackBack(0) 井上文の隷嬢DVDレビュー 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
FANTIA and PATREON


アーカイブ