June 14, 2011

参考になります

p1089_01.jpg
マミフィケーションは好きか嫌いかと問われたら、勿論好きと答えるのでしょうが、では何故作品数が少ないのかと問われると、なかなか簡単には説明しづらいものがございます。わけはいろいろございますが、最大の理由は、手間がかかるわりに作品としての映像時間が思ったより短くて、なかなか商品化出来ないという点でありましょうか。つまりは、マミーのもがきシーンの時間の編集に関する思いについての話になります。ご存知のとおりマミーの単独もがきにはモデル側の体力の時間的制限もさることながら、たとえ目いっぱいもがいていただいたとしても、実は終始同じような映像になってしまいがちなのでございます。カメラアングルを動かして変化をつけてみたりもしますが、どうもまだまだ未熟なようで。また、それをなんとかするために、メイキングのシーンを長く取り入れたりとかいろいろ工夫もしたりするのですが、まだまだ勉強せねばなりませんねーといった思いでございます。
下に載せた動画は、facebookで拾ったもの。いろいろ参考にさせていただきたいと思います。

[広告 ] VPS



p1089_04.jpg
マミフィケーション6 ミイラの蠢き



reijoh_shashinkan at 00:00│Comments(1)TrackBack(0) マミフィケーション 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 縛笑問題   June 14, 2011 15:55
マミーは確かに難しそうですね!僕は表情が見たいので、透明のラップでのマミーが見たいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
FANTIA and PATREON


アーカイブ