July 13, 2013

三洋電機の電動アシスト自転車に欠陥があった件

三洋電機の電動アシスト自転車。5年くらい前に量販店内に入っている自転車屋で購入したもので、近場の買い物等に利用していたものだ。それが先日、前輪後輪ともにパンクしたため、近所の自転車屋に持っていった。其処でひどいことが判明した。
ホイールとタイヤチューブの大きさが合っていなかったのだ。ホイールの円周を若干オーバーしたサイズのチューブを無理矢理折り曲げてタイヤに詰め込んであったのだ。言葉だけだと想像出来ないかもしれないが本当に無理矢理一部をS字に折り曲げた状態で詰め込んでいたのだ。微妙に乗り心地が悪かったのはこのためだった(おいらがデブだったせいではなかった)。また配線系統はコードのサイズが短過ぎるのと長過ぎるのとがぐちゃぐちゃになって押し込まれており、少しでも水が入ったらおしまいだったとも。充電器も持続時間が最初から極端に悪く30分程度が限界だ。充電には一晩かかるのに消耗するのは30分だ。
でもこれ一応サンヨーの商品だよね。自転車屋が言うには「実際作ってるのは中国で、奴等まともな仕事はしてない」とのこと。こういったことはよくある話なのだそうだが、要するに、サンヨーに欠陥商品を掴まされたということに他ならないわけだね。実際に作ってたのが中国だったとしても、商品管理責任はサンヨーにあった筈だしね。
直接サンヨーに文句の電話を言ってやりたいところだが、三洋電機は数年前パナソニックに吸収されてしまっていて、事実上潰れてしまったに等しく、当時の製造関係者がどうなっちゃってるのか調べるのも面倒だ。「こんなんだから潰れんだよ」と自転車屋で散々盛り上がったことはさておいて。
結局、前輪後輪全部を交換し、しばらくは様子見ながら利用することにした。自転車はちゃんとしたところで慎重に買わねばならんということを今更ながら理解出来た次第だ。


reijoh_shashinkan at 06:16│Comments(0)TrackBack(0) 知りませんでした 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
FANTIA and PATREON


アーカイブ