May 13, 2013

ネットの世界は怖い

 思えば、隷嬢寫眞館開設の頃、現在では死語となった「ネチケット」なる規範もまだ生きており、ネット社会の人々は皆紳士的であり、環境全体が牧歌的でありました。まさに古き良き時代と言えましょう。そんな中におきまして、多くの方々の思いやりに支えられ、隷嬢寫眞館はどうにか今日まで来ることが出来ました。言い換えれば、皆様の善意に育まれてきたからこそ、現在の隷嬢寫眞館の姿があるのでございます。

「人性之善也、猶水之就下也。人無有不善、水無有不下。(人の性の善なるは、猶ほ水の下きに就くがごときなり。人善ならざること有る無く、水下らざること有る無し。)」

 孟子のこの言葉を心から納得出来るような恵まれた環境の中で命を繋いできた隷嬢寫眞館ですが、実際のところを言えば、温室育ちの世間知らずであったのかもしれません。

「人之性悪。(人の性は悪なり。)」

 荀子のこの一言には正直賛同したくない気持ちが本音でございますが、やはりネットの世界は怖いところ、善良な人の姿を装った魑魅魍魎が跋扈する暗黒面もあるわけでございます。特に面識が無い場合は警戒心をもう少し強めにして当たらないと、今回のように、モデルさんや常連さんにご迷惑をおかけする結果になってしまうのです。ともあれ、この度の経験を十分に生かして今後につないで参りたいと思う次第でございます。


reijoh_shashinkan at 23:46│Comments(0)TrackBack(0) 参考情報 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
FANTIA and PATREON


アーカイブ