September 05, 2015

シュリンプタイとサヴェジフォールド

5aba2934.jpg


 最近ネットで見かけたシュリンプタイ(Shrimp tie)というのを試してみた。被縛者は市川彩香さん。殆ど身動きが取れず、結構な被虐感を得られた。(関連記事: 隷嬢之塔 )ところで、縛りを行なっていくうちに、シュリンプタイとは、海外作品によくあるサヴェジフォールド(Savage fold)と同一なのではないかと、ふと感じた。

 サヴェジフォールドは、ボンデージ(Bondage)界では有名な縛り方で、名称は海外のボンデージ師ジョン・サヴェジ(John Savage)に由来する。胡坐縛りの一種で、両足が交差した箇所に顔がつくくらい前屈させた状態で固縛するものである。
Savage_fold.jpg

 一方で、シュリンプタイの説明をネット上で調べてみたが、こちらはどうやら日本の海老縛りの直訳のようで、ジャパン・ボンデージ(Japan Bondage)(シバリ(Shibari)/キンバク(Kinbaku))の中における縛り方の一種として位置づけられている。細かく書かれた内容を要約してみると、前述サヴェジ・フォールドと大同小異と感じられる。
Shrimptie.jpg

 海外においては、窮屈な胡坐縛りを全般的にサヴェジフォールドと称しつつも、それが和風の要素を含む場合は、シュリンプタイと称することもある、という使い分けであると思われる。隷嬢寫眞館の場合は、どちらの状況にもあてはまるから、どちらの名称を用いても問題はなさそうである。

 ちなみに、リバース・シュリンプタイ(Reverse Shrimp tie)という名称も見つけた。まま、日本の逆海老縛りの直訳であり、海外でよく用いられるホグタイ(Hogtie)と同義で用いられていた。
84bd09a9.jpg


 なお、胡坐姿勢の縛り方において、前述サヴェジフォールド程に前屈の度合いが窮屈なものでない縛り方も当然存在する。中でも、両足を蓮華座(結跏趺坐)の形で縛るものをロータスタイ(Lotus tie)(蓮華座縛り)と称している。
Lotustie.jpg

 蓮華座でもない、普通の緩い胡坐状態での縛り方を英語で何と称するかについては、調べてみたがなかなかしっくりする単語が見つからなかった。そもそも胡坐という概念が英語文化には希薄のせいか、「Sitting Cross-legged」とか「Tailor-fashion」とか長ったらしいものしかわからない。隷嬢寫眞館では胡坐縛りの英名を無理矢理「Cross-legged tie」としているが、うまい英語名称がわかる方は、是非ともご教示いただきたい。
0bc70024.jpg


3f80bc33.jpg



reijoh_shashinkan at 14:22│Comments(0)TrackBack(0) 緊縛に関すること 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
FANTIA and PATREON


アーカイブ