October 14, 2005

自縛

自縛って、流行ってるのでしょうかねー。
うちの自縛DVDも生産が間に合わない状態です。

#623,#624,#625,DASB-002
#621,#622,DASB-001
今夜もせっせと生産作業に精を出します。。。
45468207_137.jpg45468207_44.jpg45468207_49.jpg


reijoh_shashinkan at 23:01|PermalinkComments(0) Share on Tumblr セルフボンデージ 

September 30, 2005

ガムテープ精神医療研究会

3a9f0de3.jpg
20060329153443.jpg20060329153457.jpg
これはいい!
是非お試しください。
ガムテープ精神医療研究会
続きを読む

reijoh_shashinkan at 23:32|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 猿轡に関すること 

September 27, 2005

絶対領域について

私も参加しているmixi「絶対領域」コミュにおきまして、「絶対領域」のことを以下のように定義しております。
「絶対領域とは、スカートとオーバーニーソックスの狭間に存在する空間。」
ここで、いくつかの疑問が生じてしまっております。本来なら上記コミュにてトピでも立てるとよいのでしょうが、コミュに書くと顰蹙を買ってしまうかもしれないので、自分の日記の中でおずおずと記しておきたいと思います。よろしければ皆様のご意見を是非お聞かせください。

疑問1:ホットパンツとオーバーニーソックスの組合せの場合も絶対領域と称してよいのでしょうか?

疑問2:絶対領域は生脚でないと不可でしょうか?すなわちカバコ(パンストとオーバーニーソックスの重ねばきっ子)の場合も絶対領域と認められるのでしょうか?

疑問3:絶対領域とはオーバーニーソックスのみにしか適用されないものなのでしょうか?すなわちガーター用ストッキング(あるいはガーターレスのストッキング)のように薄地のナイロン系の場合にも絶対領域は認められるのでしょうか?

以上です。
つまらない内容ですみません。でも悩み出すと寝れなくなってしまうのです(笑)。

※画像はすべて拾い物です。
20060329150736.jpg20060329150750.jpg20060329150806.jpg

続きを読む

reijoh_shashinkan at 22:39|PermalinkComments(0) Share on Tumblr ストッキング類 

August 20, 2005

着装文化通信15 ガーターストッキング

 最近の街行く若い女性の高露出度には、単純に楽しいやら、時には少々目のやり場に困ってひるんでしまうやらでして、下着のままで歩いておられるような娘さんも少なくありません。しかしながら、「たまたま」チラリと覗いてこその喜び、とでも申しましょうか、例えば、笑顔のグラビア女優さんの「爽やかM字開脚」を拝むよりも、タイトスカートの裾からスラリと覗く脚にぴったりと纏わり付いた黒いストッキングのシームを見つけた時の方がはるかに幸せを感じるのは、私だけではありますまい。
 ストッキングと申しましても、いわゆる「パンティストッキング」ではなく、わかりやすくいうと『太ももまでの長さまでしかなく、ガーターベルトで吊ることによって固定する』という種類の「ガーターストッキング」というものについて、です。やはり外国の方が履くイメージが強いでしょうか。日本で履いている方を実際に目にすることはほとんどありません。まったく残念なことです。
 ガーターストッキングはパンスト(パンティストッキング)とは全く似て非なるもの、でございます。パンストのように伸び縮みしない素材なので履いた時に足首などに色ムラができることがなく、透明のベールが脚を均一に覆い、独特な輝きを与えます。その透明感と色、その艶の美しさがパンストにない独特の魅力です。そしてそういった外見的な美しさはもちろんのこと、ストッキングには更にこちらの想像(妄想)をかき立てる十分な要素があります。まずその女性がストッキングを履くところ。どんな風に脚を通し、そして留めたのか。この一連の動作は女性を最も美しく見せるものであることは間違いありません。そして更にそのスカートの中のレースで編まれたガーターベルト、その下の華麗なパンティ、そして覗く白い太もも、という絵をどんな男性であっても(?)想像せずにはおられないものなのです。こうなると、彼女が「わざわざ」ストッキングを着用している理由、ストッキングを直す動作、などあることないこと考えてひとり楽しむこともできるわけです。『「ストッキング」を着用している』というたったそれだけのことに多少の思い込みと夢をみせてくれる、それがガーターストッキングの妖しい魔法なのです。
 ガーターストッキング、というものは実際にその女性を大変美しくする力も備えております。ガーターという特別な衣装が外国の映画のヒロインにでもなったような意識を与えるのでしょうか、その女性の立ち振る舞いと雰囲気を明らかに変えてしまうのであります。
 撮影時、ガーターを身につけてもらった途端、さっきまで普通に笑っていたモデルの女の子が、急に優雅なお嬢様になってしまう、という具合です。自分の女性としての魅力を意識した瞬間、その女性は美しく、優雅な貴婦人に変わってしまうのです。
 聞けば日常的にガーターを使っているようなプロ(愛好家?)の方はストッキングを履く時、伝線しないよう手袋をはめるそうです。装着時も何かに引っ掛けてしまわぬよう、シームラインがずれてしまわぬよう、ずり落ちてきてしまわぬよう、しわがよらぬよう(パンストのようなフィット感がないため)、常に気を配っているということです。そんな苦労を、気遣いを、そして気位の高さを思う時、私は目の前のその女性に対してある種の尊敬の念をもたずにはおられないのです。そして、わざわざそんな苦労(?)を買って出るような奥ゆかしい、美意識の高い、女性が。美しくない訳がないではないですか。
 やはりここでもまた、前回の「自縛する女性」の時と同じく、不自由さを強いられた(自ら強いている)時の女性の美しさに、悩ましさ、について想いを馳せる私なのでございます。
 ガーターストッキングの魅力はまだまだ色々とあるのですが、とてもとても語り尽くさせるものではないようです。というわけで今回はこの辺で…。

S&Mスナイパー2005年10月号掲載



reijoh_shashinkan at 23:06|PermalinkComments(0) Share on Tumblr ストッキング類 

August 14, 2005

カバコ

 2chのフェチ板に「【カバコ】パンストとソックスの重ね穿き リターンズ」というスレを見かけました。このカバコというのは「重ね」「履きした」「子」の頭文字をとったものだそうで、ストッキングの上に靴下を重ねていたり、靴下の下にストッキングをはいている状態、とスレ冒頭に定義されておりました。この語が一体いつ頃から使用されているのかは不明でありますが、隷嬢寫眞館におきましては、最初から一貫してその嗜好を継続しております。コギャルもブルマーもセーラー服もテニスウェアもオーバーニーソックスもハイソックスも、ぜーんぶが、カバコです。特に最近はオーバーニーソックス・カバコに萌えです。
 ところで、オーバーニーソックスを穿いた脚において、オーバーニーソックスの縁からスカートまたはホットパンツの裾に至る脚の肌色が見える部分を「絶対領域」というのだそうですが、カバコの場合も絶対領域と看做してよいものなのでしょうか。専用のコミュやサイトはあるのだけれど、なんとなく怖くて聞けません(笑)。
 誰か優しく教えてください。
31746321_3.jpg31746321_165.jpg31746321_161.jpg
続きを読む

reijoh_shashinkan at 23:37|PermalinkComments(0) Share on Tumblr ストッキング類 
アーカイブ