November 27, 2007

おしりかじり虫



こんにちは[emoji:i-185]
歌鈴です。

先週火曜日、このブログのアクセス数がなんと
1000を超えました(^ー^)ノ

だいたい毎日700ぐらいのアクセス。

それがなんと、その日だけ、1000ですよ[emoji:i-199]

『デブ専』と言う言葉にみなさんビビビ・・・[emoji:i-190]と
きたのでしょうか???

なんとも不思議です[emoji:i-203]

ところで・・・

巷で超人気の

おしりかじり虫
28355_c160.jpg

もちろん皆さん知ってますよね?

あのキャラクターもそうですが、
あの歌声もインパクトありすぎです!!

でもあたしは、

かじられちゃって超いい感じ~
ってところ。
心くすぐられます。

あと、
Bite me !!
ってところもgoodです[emoji:i-234]

だって、かじられるの好きですから・・・(ーー;)[emoji:i-201]
(あたしの趣向に関しては過去のブログ

おしりかじり虫がなんだかわからない方は
こちらをどうぞ。
音が出るので注意[emoji:i-6]

おしりかじり虫の話題だけじゃ
なんとも味気ない?色気ない?ので
最後にこの写真を・・・
p19301201.jpg

それではまた来週(^ー^)ノ~~Bye-Bye!



reijoh_shashinkan at 12:40|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 歌鈴 

November 26, 2007

マミフィケーションに関して

 マミフィケーションのジャンルの映像編集を行ないつつ思ったことを書いてみます。但し、飽くまでも私個人の嗜好に過ぎないものでありまして、万民に通用するものとは必ずしも言い得ないことをお断りしておきたいと思います。
 さて、マミフィケーションにおいては、拘束された人(マミーにされた人)の外見は、隙間なくびっちりと拘束素材で覆われているのがよいと思うのです。隙間がないとは、文字通り中身が見えないことです。すなわち、拘束された人体が全く見えない状態にあることであります。そして、びっちりとは、中身と外の拘束との間に出来るだけ空間が存在しないようになっていることです。ぶかぶかの状態は今ひとつの感がございます。拘束されているというよりも、中に入れられているという感じがしてしまうからなのです。(それはそれで広義の拘束にはなるのでしょうけど、マミフィケーションとして考えた場合、私見では否定的な立場であります。)
 次に、拘束後の動作でありますが、出来るだけ激しくもがくのがよいと思います。もがきと同時にある程度の呻き声があると更にグッド。しかしながら、四肢の自由が奪われて、視覚聴覚も遮断されているのでありますから、激しくもがくといってもモデルさんにとってそれなりの限界はあるでありましょう。無理をすれば打撲や捻挫あるいはそれ以上のダメージを受ける危険すらございます。マミフィケーションの撮影におきましては、制作者は特に慎重さを要求されるのでございます。
 とはいうものの、長時間かけて作り上げたマミーがただただマグロのように転がっているだけというのでは、折角のマミー美が半減してしまいます。私は、むしろ、危険と隣り合わせの不安定な動作そのものに美的要素が多分に含まれていると感じるのです。予期せぬ転がり方、自然にはありえない動作、そこにこそ人為的拘束下におかれた人体の美しさが潜んでいると思うのです。今回の編集で思ったのですが、次のような一連の動作は、比較的安全で、かつ、美しさを引き立たせるものではないでしょうか。
 仰向けの状態から起き上がろうとして、なんとか上体を起こすのですが、途中で断念、そのまま左方向(右でもOK)に横倒しとなり、その反動で右方向(最初に右に倒れた場合は左方向)に転がって、さらに反動を利用して、もとの仰向けに戻ります。その過程におきまして、ぴっちりと揃えて拘束された両脚を出来るだけ空中に舞わせることも可能となります。これを緩やかに繰り返し、かつ、合間に適度な呻き声を入れることが出来れば、私としては大満足のマミーもがきシーンとなると申せましょう。
 ところで、もがき時間の問題がございます。今回はモデルさんの呼吸等を考慮して、出来るだけ短めということを念頭に撮影してしまっていたため、あまり長時間のもがきは得られなかったのでありますが、出来る事なら、この状態でもっと長時間で撮ってみたいと思うに至ったのであります。勿論、モデルさんと事前の打ち合わせをしっかりと行なって、制作全員が呼吸を合わせることが最も大切なことでありましょう。
 既に何人かのモデルさんにマミーフィケーション撮影の協力をいただいておりますが、この場を借りて感謝の意を表するとともに、今後の無理難題に関しても、更なるご協力をたまわりたくお願い申し上げる次第です。
P7280094.jpg



reijoh_shashinkan at 23:07|PermalinkComments(1) Share on Tumblr マミフィケーション 

November 25, 2007

手錠

 管理人の水村です。
 拘束具としては古典的なアイテムですが、最近手錠というシンプルなものにもなんとなく心を魅かるのですよね。あまり一般受けはないのでしょうけど、とにかく何かひとつそれに関する作品を作ってみたいものです。生憎、年末の時期にかかってきてしまって、なかなかじっくりとその制作に時間を避けない状況が続いておりますが、なんとか頑張って撮影だけでも年内のうちにはやっておきたいものですね。
p17577005.jpg



reijoh_shashinkan at 00:06|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 拘束具情報 

November 24, 2007

久々の事務所

こんにちは(*^^*)さやかです。
先日、久々に事務所へ掃除に出掛けました。

事務所は池袋にあるのですが、今回は高速が渋滞していた為
いつもより手前のインター?で降り、下道で行ってみました。

見事に迷子(+_+) 高速の下を通っていけば行けると思ったのにいつのまにか高速が無い!
あったと思ったら、どうやら線路っぽいし…
自分の家の近所であれば、そのうち見慣れたモノが目に入ったりして何とか辿り着くのでしょうが、ここは都内… 自分で運転なんて高速しかしたことありません…
途方に暮れながら走っていたら、池袋東口行きのバスを発見!!
ただのバスなのに私には神様の様に見えました((T-T))
そのバスに付いていったらようやく池袋に着き、スムーズに事務所へ行くことができました。
私は、高速を降りて反対方向に行ってしまっていた様です。危ない危ない、でも少し勉強になりました。へへへ

事務所のドアを開けたら、本棚に突っ込まれたカッターを発見。
いつもは出前メニューとDVDの資料がある所です。
次に裏の本棚には、積めるなら積むといった形の本達の山、そしてヅラや黒い衣装達… どうやらここはもう、私がいないとダメなようです(笑)
しかし、片付けが大好きな私はルンルンで見事に時間内に片付け、珈琲を飲みながら水村氏を待ち、平和に帰ったのでした。

片付け甲斐がある部屋は大好きです☆ これから年末で忙しくなるので、またすぐ散らかるでしょうね(笑)





p14816066.jpg



reijoh_shashinkan at 10:17|PermalinkComments(2) Share on Tumblr 沙耶香 

November 23, 2007

Бюстгальтер

ごきげんよう、聖青空です。
5C7T7261_i.jpg
寒さのせいか、「雑談」が「雑炊」に見えてしまったりする今日この頃。
みなさま、いかがおすごしですか。
先日、あることに気が付いて意気揚々と下着屋に行ったのですよ。
私は胸板が厚いので
日本製のブラジャーはサイズがないのです(日本製は最大I~Jカップくらいまで)。
まあ、あったとしてもグラマーサイズのブラは重力に対抗するためか
ストラップやベルトは色気もへったくれもない極太ぶりだわ
色・デザインは全体的におしなべてババーくさくて補強下着や鎧の様だわで
つける気にはまったくならず、ノーブラ派として長年やってまいりました。
・・・が、やはりかわゆい下着とか見ると着てみたくもなるわけです。
そして、普通のかわゆいブラジャーはほとんどといっていいほど
頼んだわけでもないのにパッドというつめものが入っております。
これでおちちを寄せて上げる訳です。
したがって
これを撤去すれば
そのぶんスペースが空くではありませんか。
パッドはでかければでかいほどスペースは空くはず。
そんなわけで憧れのかわゆいブラを買いにいったのです。
パッドを引きずり出して試着したらあーた、
ピッタリとはいきませんがなんとか入るではありませんか!
撮影中くらいならなんとか持ちこたえられます。
パッドにもよりますが、大き目のパッドなら3~4カップぶん以上は余裕で空きスペース!
サイズがなくてお困りの方は是非この手をお使いくださるとよいかと。
しかし、こんなものを撮影時間以外も日常的に装着しているなんて
息苦しいし、ゴハンいっぱい食べられないし、下着跡とかつくし
女の人は大変なのです。もはやボンデージといってもいいと思います。ガードルとかも然り。
やはり私は普段はノーブラでいいです(ツンパもあまりはかない派です)。
や、エロい理由ではなく、ただただ面倒くさいので・・・
5C7T7196_i.jpg



reijoh_shashinkan at 09:00|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 聖青空 
アーカイブ