February 20, 2008

マスク


は~い 歌鈴です[emoji:i-185]

まだまだ寒かったりしますが、
だんだんと日が長くなっていくのが感じられ、
春が近付いている気配

でもでも、もともとアレルギー体質なあたしは
この時期、「今年は花粉症デビュー???」なんて
おびえていたりもします

昨日も出掛ける直前になって
くしゃみ連発

そして顔全体が急にかゆくなり
真っ赤に

明らかにアレルギー症状。

思いあたることと言えば
久しぶりに引っ張り出してきたウールのセーター。

あわてて着替えて
アレルギーの薬を飲んで

マスク姿で飛び出しました

あ、マスクと言ってもこれじゃなくて
10049447777.jpg

いわゆる普通のマスクですよ


美耶麻歌鈴のブログ 美耶麻歌鈴の顔の無い日々
只今、読者の方にキャンペーン実施中
ぜひぜひ見てね



reijoh_shashinkan at 11:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr 歌鈴 

February 19, 2008

ホノビエン

そろそろ花粉症の季節ですね。いやですね。
私は毎年これに悩まされております。
主に鼻。
放っておくと、くしゃみが止まらなくなったり、水のような鼻汁がつつーと出たり、どろどろした臭い鼻汁が詰まったり、と、とにかく落ち着きません。
そんな鼻によく効くのが「荊芥連翹湯」。
なんと読むかわかりますか。「けいがいれんぎょうとう」と読むのです。
ケイガイ(荊芥)を配合した漢方方剤の一種なのですが、古来より鼻炎等に効くとされており、私もこれで慢性副鼻腔炎(蓄膿症)を完治いたしました。(ケイガイとは、漢字で「荊芥」と書き、学名は「Schizonepeta tenuifolia」という、シソ科の一年草で、薬用植物の一種。)
さて、そんなケイガイエキス配合の薬品の中でも、お手軽なのがこの「ホノビエン錠」です。
お値段はまあまあでしょうが、我慢できない人には絶対お薦めです。通販でも入手可能ですので、是非お試しください。
honobien.jpg


reijoh_shashinkan at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr その他 

February 18, 2008

このままじゃいかん

こんにちわ(*^^*)さやかです。
お気付きの方もいらっしゃると思いますが、月曜日の担当になりました☆
これからもチョクチョクローテーションしていきますので、宜しくお願い致します。

そろそろ生理のせいか、食欲が凄いです。
夕食にはご飯三杯とオカズ5品にデザートとポテトチップをいただいております。いつも以上の食欲で、かなり心配です…
このままいったら間違いなく太ります。しかも私は胸やオシリが太るわけではないので、かなり不安な食生活です。
控えれば良いのですが、止まりません… どうしましょ?(笑)

さてさて、話題はかわりますが、近々隷嬢の何かが変わり、大きな?変化がありますよ(*^^*)
気になるとは思いますが、まだ秘密です☆
みなさんが隷嬢をもっと楽しめて、また新鮮な喜びがあるだろうと思われる改造があります☆
それは乞う御期待! まだまだムフフな内緒ばなしですが、楽しみにしていてくださいね!

p14812016.jpg


正座のレースクィーン笑


reijoh_shashinkan at 09:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Share on Tumblr 沙耶香 

February 17, 2008

倦怠期とは

隷嬢寫眞館は倦怠期というものがないですね、と言われたことがある。
これは、ここ数年、サイト更新が毎月実施ということで、とても定期的になったことに対する感想としていただいたものである。このように評価していただくことは、とてもありがたいことである。しかしながら、サイト更新が不定期になった場合、それは倦怠期に入ったためであるかというと、そうとは言い切れない。
そもそも「倦怠期」とは何なのだろうということで、広辞苑をひもといてみると、以下のようにある。

 けんたい【倦怠】①いやになってなまけること。あきあ
  きすること。②疲れてだるいこと。「-感」 -・き【倦
  怠期】(主に夫婦の間で)互いに飽きてわずらわしくな
  る時期。「-を迎える」

これに従えば、隷嬢寫眞館に倦怠期を用いることは、本来の倦怠期の用法と異なるともいわれそうであるが、あえて、「いやになってなまけたくなる時期」という意味で用いることにすれば、そう違和感もないであろう。
これまで、隷嬢寫眞館の更新が不定期となったことは多々ある。しかしながら、なまけたくなって更新を怠ったわけではなく、第一にサイト更新の時間が別の業務の影響で取れなくなってしまった場合、第二に夏バテや高熱や入院などの体調不良によって更新が不能になってしまった場合、の大きく二つの事由による。なので、サイト更新が不定期になったり、あるいは、遅延したりしたとしても、それが倦怠期に入ったためというのは当たらない。
では、倦怠期というものがまったくないのかといえば、実はある。サイト更新というよりも、むしろ撮影のほうでそれが顕著に出る。撮影を全くしたくなくなる時期が、ときたまやってくるのである。過去を見ると、長いときで1年くらい撮影しないときがある。理由はよくわからない。スランプともいえるし、あるいは他の事由なのかもしれない。
最近ではこういうことはなくなっているのだが、またいつそういう気持に陥るかもわからない。でも、頑張って撮りつづけたいと常に思う次第である。
P2170198.jpg


reijoh_shashinkan at 23:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Share on Tumblr その他全般 

February 16, 2008

隷嬢寫眞館の撮影会に関する覚書

本日、初期の頃からのファンの方よりメールを頂戴いたしました。
読ませていただいて、とても懐かしく思い、かつ、また制作意欲も増進いたしました。
このようなメールは、本当にありがたいものと思います。
以下、一部ですが抜粋して紹介させていただきます。

こんにちは、○○です。
 ご無沙汰しております。以前隷嬢寫眞館の会員としてイベント等で大変お世話になりました。その後、如何お過ごしでしょうか?
 隷嬢寫眞館11周年おめでとうございます。
(中略)
 隷嬢寫眞館のWebサイトの方ですが、その後も、拝見させていただいております。本当に何処からそんなに沢山モデルさんを発掘されるのだろうと、大変感心させられるほど新しいモデルさんが出てくるので、それもまた楽しみでありますが、川島真由里さんが未だ隷嬢寫眞館の現役バリバリのモデルとしてご活躍されている事は、初期の頃からの会員である私としてもなんだか嬉しい限りです。まあ、話はいろいろつきませんが(笑)
(中略)
 以前、隷嬢寫眞館さんのイベントは本当に楽しかったですよね。撮影会もそうですが、その後のオフ会が私としては非常に楽しみでした。今回ブログを拝見していたらイベント復活されるとの事でしたので、もしまだ締め切りで無い様でしたら23日のイベントに参加させていただく事は可能ですか?もし問題なければまたお仲間に入れさせて下さい。もし、再会する事になれば確か、2002年の埼玉以来となるので早いもので6年ぶりになるのですね。
(後略)


以上です。
さて、この中で「2002年の埼玉以来」との記述がございます。これは、2002年6月29日(土)斎藤ゆり撮影会のことでありまして、実はこれが今のところ隷嬢寫眞館のもっとも最新の撮影会であったわけです。言い換えますと、それ以来何も実施してないということなのです。確かに結構な時間が経過しておりますね。
あの頃を思い起こしますと、だいたい2000年前後の頃から、「ボンデージ」または「着衣緊縛」というジャンルが従来の「SM」の中から一種の生存権を勝ち得て、様々な国産ボンデージウェブサイトが誕生していた時代だったと思います。実に、ボンデージ・ウェブ春秋時代に突入した時期といってもよいのではないでしょうか。そんな時代を、隷嬢寫眞館はひっそりとイベントを閉じて冬眠状態に移行していったわけです。戦乱の世を避けて山に入ってしまった老子みたいでカッコイイじゃん、と自分勝手に喜んではみたものの、やはりファンの皆様には寂しい思いをさせてしまっていたのではないかと、反省することしきりです。
やはり、そろそろ重い腰を上げる時が来たのかなとも実感いたした次第です。(でも最近腰痛が厳しくて昔ほどバリバリ動けないかもしれませぬが)
poster1.jpgposter2.jpgposter3.jpg


reijoh_shashinkan at 22:04|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Share on Tumblr その他全般 
FANTIA and PATREON


アーカイブ