August 20, 2006

着装文化通信21 ボディーサック

例えば犬の首輪ですとか、医療用の拘束衣ですとか、死体を入れる袋、またはキャンプなどで使う寝袋など。フェチの世界とは一見無縁である実用的なものにまでボンデージを感じて思わずニヤリとしてしまう。というようなことは皆様にも日常茶飯事かとは存じますが。
拘束衣に続く、「そんなつもりじゃなかったもので拘束するのはとってもエロティックですよね」というシリーズでございます。
「寝袋」というか、それを拘束用グッズにした「ボディーサック」(または「スリープサック」)についてのお話です。
かさばった真っ黒な袋に包まれた白い女性の身体、というのは、いうまでもなくフェチ心をくすぐるシュチュエイションであり、彼女の身体を丸ごとすっぽりと包んでしまうというのはある意味究極のボンデージといえなくもありません。見えない部分が多ければ多い程に淫らな妄想は膨らむのに違いないのですから。また窮屈感、窒息感を好まれる方々に人気があるのもこのボディーサックです。
今回のDVD(「ボディーサックの魅力」)で使ったものは、内部に更に両腕をしまう部分があったり、ファスナーも凝っていたりしているので自分ですべて着てもらう、という訳には残念ながらいかなかったのですが、縄などの拘束感とはまったく違った感覚で(どちらかというとラップやテープに近いものと思われる)セルフで楽しまれる方も多いようです。
そういった愉しみにはまっていく女性。それを黙って見守る。ばかりかちょっと手助け(?)をする。これもまた-、作品制作に於いての重要な愉しみのひとつなのであります。
-----------------------------------
 自分の力ではどうにもならないという「絶体絶命」の状態に於かれる事の心地よさ。逆らわなくてもいい、あれこれ思い悩む必要もない。ただ、自分の運命を受け入れて、逆らうことを諦めて、楽しめばいい。
だけど、これはとても危険な感覚。きっと、エスカレートする。そして、止まらなくなる。そういう、予感がある。
朦朧とする意識の中で、なんだか不自然な息苦しさを感じた時には手も足も「袋の中に入れられてるみたい」に
まったく動かせない状況になっちゃってた。
 真っ黒な寝袋…のような形の…皮? これは、なぁに?
手足もスッポリと収まってしまってどうしようもなく、窮屈な状態。それはまるで寝袋のような。ゴムの独特のキツい感触が身体にまとわりついて息苦しい。呼吸が圧迫されて、キモチワルイ。ぎゅうぎゅうってきしむ音が響く程に締め付ける。微妙に伸びみては、でも 更に身体に食い込む感覚、それがボディーサック。顔だけは、袋から出ているんだけれどそれがどうだっていうの。口枷を着けられた状態ではやっぱりうめき声を漏らすのがせいぜいのところで、あとはかろうじて自分の惨めな状態が目の端に入るだけ。床をゴロゴロと這い回る…というよりも実際は転がっているだけの、まさに私は芋虫のように「手も足もでない」悲しい生き物になりはてている。だけど、この苦しみに満ちた絶望感こそが、私にとっての刺激的なファンタジー。この窮屈感を一度感じてしまったら、あとはもう、深みにはまるだけ。そういう予感は、やっぱり当たってた。
(隷嬢寫眞館DVD「ボディーサックの魅力」より)
--------------------------------
これは実際に作品の中でボディーサックを着て頂いたモデルさんにパッケージ用に書いて頂いた感想文です。
少しばかり妄想が勢いに乗って居られるフシもあります(笑)が、元々テープやラップなどの「拘束感好き」な方でいらっしゃますからこのような全身を包む感覚も気に入られたようです。こういった状態に更に全頭マスクなるものを装着した場合それはもう隙なし!の最強のボンデージな状態といえましょう。これまたマニアックな一品。全頭マスクについてはまたの機会に…。


reijoh_shashinkan at 13:02|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 拘束具情報 

June 20, 2006

着装文化通信20 ラッピング

以前アメリカのボンデージ系サイトで一軒家の外の壁に満面の笑顔の女性を粘着テープでべたべたと貼り付けている写真をたまたま目にしてからというもの「さすがは米国人、ボンデージまでも明るくてポップであるのだなぁ(感心)」という考えに取り付かれている私です。根っからあんな感じの国民性なのだと写真からだけでも十分に伝わってくる程に、嗚呼、なんて清々しいあの本物の笑顔…。陰湿な雰囲気や、なんとなく暗い負のイメージのつきまとうSMプレイまでも爽やかにこなしてしまうとは、なんて素敵なのでしょう。さてさて、おそらくそんな米国発のフェチなのではないでしょうか、お菓子用のラップで女体を巻き巻き、プレゼントにも最適。今月のおすすめはラッピングボンデージです。
 ラップといえばなんといっても独特の光沢とつや、そして透明感がロープにはない最大の魅力です。そしていざ巻いた時には、ツルツルでかさばることなどありませんから、まるで何も身につけていないかの様なキレイな身体のラインそのままのシルエット(しかも拘束済み)を描き出すのです。ゴムやレオタード、水着などにも通じるピッタリ系の要素もふまえつつ、しかも肌が透けてみえる、というのもまた大きな見所のひとつであります。透明な素材が皮膚に張り付いている様子はなんともエロティックですし、何重ものラップに包まれた中で手足をもぞもぞと動かす様が外からたっぷりとじっくりと観賞できるのはこのラッピングプレイだけの愉しみであるといってよいでしょう。
 女性を捕まえて完全に動けないように包んでしまいたい、という願望と、だがしかし、所々素肌を除かせたい、チラリと除く太ももに、胸の谷間に、指の先に、ロマンを感じ、どちらも捨てがたく、日々真剣に悩んでおられる方々にはまさにうってつけといってよいかもしれません。
縄で「包み込む」までの拘束感を与えるためには膨大な量の縄、更にはものすごい労力が必要となります。粘着テープというのは以外とお手軽かもしれませんが、上手く貼るのも剥がすのも大変だし、肌を傷つけ易いので中々好みの分かれる方法であるといえます。
 その点ラップはとても優秀で、粘着テープのようにいろんな所にくっついたりしないので、初心者の方でも割と簡単に彼女の腕や足をぐるぐる巻きにできます。身体中にクルクルと巻き付けるだけでミイラのような状態にもできますし、また、以外と伸縮も自在なのでおもいっきり引っ張って巻けば結構な束縛感を与えることも可能です。縄のように一点に拘束感が集中することもないので、血流を止めて相手に苦痛を与えるようなことがないばかりか、縄の痕が残るような事もありません。更にラップで巻いた後は、ハサミや手などで穴を開けたり、ビニールテープで緊縛感を増したり、猿轡をしたり、目隠しをしたり、それからのバリエーションも豊富に楽しむことができるのです。両手脚を別々にラップし、腕と胴体を一緒に包み、両足をラップし、ミイラのように包んでしまった彼女を床に転がしてみましょう。女体が自力で立ち上がることすらもできず芋虫のようにうねうねと這い回る様というのは、なかなか癖になる眺めでありますよ。
 そして、お手軽といえば自分でくるくる巻いて拘束感を楽しむのにも大変適した道具でありますのでいきなり縄、というのは敷居が高いという初心者な方にもお勧めの一品です。
 私は黒のギャグやピンヒール、ストッキングとの色の対比が好きでよく使うのですが、アメリカ製の色付きのラップというものがありまして、一瞬とまどうような蛍光のピンクや緑などのカラフルさでこれを使うと更にプレイ的雰囲気が盛り上がるのもうれしいです。
しかしながら、この色のラップで包まれた食べ物ってちょっとどうなんでしょう…おにぎりとか…と流石に少々疑問に思わないでもないのですが。


reijoh_shashinkan at 13:01|PermalinkComments(0) Share on Tumblr マミフィケーション 

June 19, 2006

隷嬢寫眞館のテーマ

つぼみ (作詞:美耶麻 歌鈴(Karin Miyama))

1 眠らせて 深い海の奥底
  生きることに 疲れ果てた 可憐なつぼみ

  全てを捨て 私は生まれ変わる
  覚悟を決め あなたのもとへと


2 覗く月 押し寄せる荒波が
  さらってゆく 飾り立てたプライドさえも

  真っ赤な海 身体を浸しながら
  あなたの鼓動 刻み 生きるわ


reijoh_shashinkan at 14:55|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 音楽 

May 11, 2006

オーバーニーソックスとサイハイソックス

何気なくネットを彷徨って、初めて「サイハイソックス」なる単語を初めて知りました。『靴下報告書』というページで、以下の記述がございます。
「「ニーソックス」という名前だと、「ハイソックス」、通称ハイソと同じ物で、ひざ下までの靴下になります。
膝上の長さの靴下は「オーバーニーソックス」、腿までの長さだと「サイハイソックス」となります。
と、いうわけでオタクの人たちが萌えてるニーソってのは、ほとんどがオーバーニーやサイハイなのではないかと思われ。」

socks.jpg

隷嬢寫眞館におきましては、DAHSシリーズで『オーバーニーソックス・ボンデージ』というタイトルを公開しておりますが、これに従いますと、うちで扱っているのは殆んどが「サイハイソックス」に該当してしまうような気がします。上記の定義が正しいとするならば、これは重大な過ちを犯してしまったことになりますね。DAHS『オーバーニーソックス・ボンデージ』は『サイハイソックス・ボンデージ』改題しなければならなくなるのでしょうか。とはいえ、開始時はサイハイソックスの丈だったとしても、もがいている過程でオーバーニーソックス丈になるケースもないわけではないので、完全なる間違いというわけでもなさそうですね。
いずれにせよ、靴下にも様々な種類があることを今回勉強できましたので、今後のカテゴリー整理に役立てたいと思います。(例えば「海外では一般的に両者(パンティーストッキングとタイツ)を区別せず、タイツはイギリスでの統一した呼び方で、アメリカではパンティホースと統一に呼ばれている。」等)

目下のところの靴下分類の自分なりの理解

靴下(広義)
 靴下(狭義)
  丈による分類
   ニーソックス(広義)<→DAHS対象範囲>
    オーバーニーソックス(広義/隷嬢での成り行き上)/ニーソ(俗称/略称)
     サイハイソックス
     オーバーニーソックス(狭義)
    ハイソックス/ニーソックス(狭義)
   クルーソックス
    ハイクルーソックス/スリークォーターソックス
    ロークルーソックス
  形状による分類
   ルーズソックス<→DAKGにおいて取扱い>
 ストッキング(広義)
  形状による分類
   パンティーストッキング(広義)/パンスト(広義)
    パンティーストッキング(狭義)/パンスト(狭義)<→DAPH対象範囲>
    タイツ
   ストッキング(狭義)
    ガーターストッキング
     シームレスガーターストッキング
     シーム付ガーターストッキング
      フルファッションドストッキング<→DAGS対象範囲>
    ノンガーターストッキング/ガーターレスストッキング
     シームレスノンガーターストッキング
     シーム付ノンガーターストッキング
   ショートストッキング
  柄等による分類
   網タイツ/網タイ/フィッシュネット/ネットタイツ
    パンスト(狭義)タイプ
    ストッキング(狭義)タイプ
   柄スト
    パンスト(狭義)タイプ
    ストッキング(狭義)タイプ
続きを読む

reijoh_shashinkan at 15:44|PermalinkComments(0) Share on Tumblr ストッキング類 

April 20, 2006

着装文化通信19 クロロホルム

「人通りの少ない裏の路地。黒い背広にサングラスの妖しい男は一人の女性に声をかける。振り向いた瞬間、腹に一撃。叫ぶ間もなく、気を失った可哀想な女性はそのまま車に乗せられて人知れずどこかへ連れ去られてしまうのだった…。」
 実際には余程の心得のある方でなければ、相手のみぞおちに一発で気を失わせたりすることは中々難しいことかと思われます。相手に怪我をさせてしまったりする危険性を伴いますし、そもそもあまり紳士的な方法でないところも気に入りません。
しかし、かといって真正面から枷のない状態の人間を、思い通りにする(しかも黙らせつつ)ことは余りにも大変なことであります。陰気にそうっと背後から忍び寄り、手早く、なるべく腕力を使わずに女性を大人しくさせてしまう方法はないものでしょうか。
というわけで、今回のテーマは「クロロホルム」であります。
 実物はみたことがなかったとしても、推理小説やテレビドラマ等では全くおなじみ、例の夢のお薬です。布に数滴しみこませ、嗅がせるだけで相手の意識がみるみるとなくなってしまうという、しかも劇薬や毒性もない(※勝手なイメージです)というまさに夢の薬品。クロロホルムさえあれば。割とお手軽に女性を攫って車に連れ込み、部屋でゆっくりと縄でぐるぐる巻きにし、猿轡をして、その女性がハっと気がついた時にはすでに手遅れという状況に持ち込めるという次第なのです。
 という便利さも、さることながら。他にもう一つ重要なのがこの「クロロホルム」の持つ、素敵なキャラクター・イメージではないでしょうか。
 「クロロホルム」といえば「監禁」「誘拐」「美少女」等のイメージが即座に浮かび、あとは何の説明を聞くまでもなくストーリーは、決まったも同然です。
 例えば、昭和初期の洋館の書斎か、薬品棚の影にこっそりと置かれた濃い茶色の小さい小瓶。蓋をあければうっすらと鼻につくような甘い香り。
 昭和の探偵小説のような、世界観。そんなイメージが即座に浮かぶのは私だけではないでしょう。
 更に少々大げさにいわせていただくならば、これを使うものは身なりのキレイなこざっぱりとしたインテリ風で、七三わけで、学者か探偵か作家等の職業につくステキな紳士に、「違いない」ですし、又、クロロホルムを使って攫われる可哀想な少女は、育ちのよいお嬢さんで大きなお屋敷に住んでいてちょっと生意気で世間知らずの色白の美少女で、「なければいけない」のであります。
 「クロロホルム」と聞いた時、大抵誰にも浮かぶと思われますこれらの卑猥な(笑)ストーリーが、クロロホルムの魅力なのでありましょう。

 ところで、余談ではありますが抵抗する人間を一人、押さえ込むということの大変さについて一言申し上げておきたいと思います。
 仮令、かよわい女性であったとしても、です。下手したらこちらの方がばててしまい、獲物には逃げられ「誘拐未遂」というなんとも哀愁漂う結果にもなりかねないところでございました。
 先日行われた、撮影時のことで御座います。
 大抵の女の人は見かけよりも力持ち。これはとても正しい。ということを、身を以て実感したのでありました。はい。
 嗚呼、私の手に持つコレがホンモノのクロロホルムだったならば…。
 そう願わずには居られない撮影となりました、DVD「クロロホルムに酔いしれて」好評発売中でございます。


reijoh_shashinkan at 13:00|PermalinkComments(0) Share on Tumblr クロロホルム 
アーカイブ