October 19, 2007

撮影~ハロウィン編~

ごきげんよう聖青空です。
昨日はハロウィンコスチュームで撮影いたしました。
オバケっぽくヅラでブルネットにしてみたものの、
オバケというよりミュータンス菌の擬人化みたいになってしまいましたね。
それすなわち虫歯菌です。もしくはアリンコの化身。
ティエリー・ミュグレーの昔のコレクションみたいですね(は?)
じつはハロウィンコス以外にも人魚とかサンタとかも撮影したのですが、
その画像はまた今度[emoji:i-80]ふふふ。
人魚撮影はテープで下半身をぐるぐるまきにするのですが、
無茶苦茶楽しかったですよ!ぜひともまたやりたいです[emoji:i-178]
でもちょっと庶民くさい人魚だったので、
次回はジャラジャラと貴金属だの帆立ブラだのを身につけて
もうちょっとアッパーな身分の人魚さんになりますことよ(願望)。
p20209056.jpg

p20209045.jpg

p20209030.jpg

p20209999.jpg



reijoh_shashinkan at 06:54|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 聖青空 

October 18, 2007

ハロウィンの季節3

 管理人の水村です。その昔、特撮番組で『宇宙猿人ゴリ』というのがありまして、その中で「ゴキノザウルス」という怪獣が登場したことがございました。怪獣というと通常は元ネタにツノやら武器やらをくっつけて巨大化させたデザインが多いのですが、この怪獣は殆どゴキブリをそのまま大きくしただけのデザインだったような気がします。虫系は足の数が人間より多いので、着ぐるみの場合余分の足をどうするのかが思案のしどころなのでしょうが、ゴキノザウルスはきちんと六本足で、しかも本物ののように動いていたと思います。当時子供だった私と一緒にテレビを見ていた実母が卒倒しそうな勢いで悲鳴をあげたという妙な逸話もございます。
 でもって、画像は、聖青空さんの「Devil Insect」です。
p20209011.jpgp20209001.jpg



reijoh_shashinkan at 20:38|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 衣装に関すること 

October 17, 2007

ハロウィンの季節2

 ハロウィンというものがどんなものかわかってきたら、あとはもう盛り上がるだけでございます。そして、どんなものからでも異類の造形は可能なのですね。ところで、顔のない妖怪を描いた傑作といえば、やはりラフカディオ・ハーンの『怪談』の中の「むじな」でしょう。だからというわけでもないのですが、顔のない魔女がいても面白いのではないかと思ったりもしています。
 写真は、美耶麻歌鈴さんの「Shadow Witch」です。
PA170017.jpgPA170023.jpg


reijoh_shashinkan at 22:56|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 衣装に関すること 

October 16, 2007

痛み


は~い、いつも元気いっぱいの歌鈴です(^ー^)ノ

といいたいところなのですが・・・

なんと、金曜日に腰をギクッとやってしまい、
昨日までほぼ寝たきりの状態でした(ノ◇≦。)

あたしは時たま、強烈な痛みを欲しますが
あんな痛みはまっぴら(≧≦) もうたくさんです。

そうそう、あたしの欲するその痛みというのは、
普通の人で言う所の性欲って感じなのかな(^。^;;

一番お手軽なのは、がぶっと一口、噛んでもらう事。
バイティングと呼ばれてるようです。
もちろん、噛まれてすぐは歯型が残り、
そのあとは痣になりますが、
それがまた良いんですよね(*^.^*)エヘッ

あとはスパンキング
鞭ではなくて、あくまでも「手」によるものが好きです。
寂しがり屋なので、人の体温が伝わってくるものが良いのです。
痛みを通して、愛を感じるんですよね=^-^=

痛いのが好きだというと、まるで痛みを感じない人間のように思われがちですが、
性的興奮をしている最中でも、決して痛くないというわけではないのです。

痛いのは痛い!!凄く痛い!!
でもそれが快感に結びつくから不思議・・・

あたしは、そんな人間なんです。

MGP-187ooi.jpg



reijoh_shashinkan at 10:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0) Share on Tumblr 歌鈴 

October 15, 2007

ぬるぬる

 管理人の水村です。そろそろ次回作の編集に入ろうとする時期になってきているわけですが、あるタイトルの中に「ぬるぬる」という単語があって、それを英訳すると「clammy」となります。「冷たくてべとべとぬるぬるする。じっとりした。温かみのない。よそよそしい。。。」決して褒め言葉には使えそうにない単語ですね。
 ところで、辞書の中でこの単語が載っている箇所の近くに「clam chowder」クラムチャウダーが載っておりました。好物なので読んでみましたところ、「ハマグリに塩漬けの豚肉・ジャガイモ・タマネギなどを加え、煮込んだスープ」とあります。「clam」とは「ハマグリなど食用になる二枚貝の総称」なのだそうですね。知りませんでした。
 詳しいことはわかりませんが、二枚貝のぬるぬるしたのから「clammy」っていう語は来てるのでしょうかね。詳しい人がいたら教えてくださいね。
 画像は石巻沙梨さんです。
p20101078.jpg


reijoh_shashinkan at 22:41|PermalinkComments(0) Share on Tumblr その他 
アーカイブ