February 14, 2008

開設11周年!

0470107c.jpg
 本日をもちまして、隷嬢寫眞館は開設11周年を迎えました。皆様の温かいご支援のおかげでここまで来ることが出来ました。本当にありがとうございました。これからも、20周年記念に向けて頑張ってまいりたいと思いますので、引き続き、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。ちなみに、画像は隷嬢寫眞館第1版のトップに掲載したものです。(今見ると画質がイマイチですねー。)
 ところで、最近の自分ですが、だいぶ記憶力が衰えてきております。とかく忘却の淵に沈みがちな、開設前の流れについて、忘れてしまわぬうちにさっくり書いておきたいと思います。決して神話のような世界でなく、貧乏親父がおろおろとPCと格闘する生々しい世界でありました。なかなか時間が取れないので短文で恐縮ですが、いずれしっかりとした文章にまとめたいと思います。今回は飽くまでも覚書といった体裁です。

◆1996年1月
 我が家にPCを導入。PCはコンパック社製であったと記憶している。OSはWindows3.1、HDD256MB、メモリ16MBという、今思えばとてつもなく貧相なスペックであった。こんな環境で当時いったい何が出来たのかについての記憶はない。
◆1996年2月
 初めてインターネットに接続。ブラウザはネットスケープで、これは当時有料ソフトであった。プロバイダはアスキー社。アスキー社はその後すぐにプロバイダ業から撤退することになる。
◆1996年5月
 ネットサーフィンが本格化。インターネットに関する書籍を読みあさっては、何かを試してみる、という日々が暫く続く。PCスペックがよくないので、当然のことながら動作が遅く、他愛のないことでも相当の時間を要した。今思えば、随分と気の長い自分であったことよと感心する次第である。
◆1996年7月
 エプソン社のスキャナーを購入。当時はUSBなんて便利なものはないので、SCSI(スカジー)カードを別に購入。開封してみたら接続ケーブルは別売とあって、あわてて追加購入。正確な記憶ではないが、全部で10万円以上かかってしまったと思う。フォトレタッチソフトはスキャナー付属のフォトマジックとかいうソフトを使用した。画像ファイルの規格(BMP/JPG/GIF等)がたくさんあるということを初めて知る。その時点では、どれがどれだか全く知らなかったので、とりあえず選択肢の一番上部にあったBMPでどんどん保存。あっという間にHDDがパンクしかけた。HDD内の画像ファイルを外部記憶装置に退避しようとしたのだが、1ファイル容量が10MBくらいだったので、当時の主流であったFDD(1.4MB)では対応できず、MO導入を検討。(CD-Rはまだ主流ではなかったと思う)その後JPG等を理解し、ようやく画像ファイルが自分にとって扱いやすいものになった。
◆1996年9月
 過去に撮った作品を、当時の投稿サイトに投稿してみた。初めての投稿である。今日の画像掲示板のように簡単に出来るものではなく、管理人にメールを送って、管理人に手作業でアップしてもらうというもの。数は少なかったが、SM系やフェチ系サイトは、当時も存在はしていたのだ。投稿した結果はというと、大概は不評。「服を脱がないのはちょっと」という返事をいただいた。やはり、自力で自分の世界を築くしかない、と思ったりした。
◆1996年11月
 パフォーマンス・チューニングの書籍等も読みあさって、動作を速くするためPC環境を整備していった。これは、先の自己サイト構築の思いの他に、当時のインターネット環境をめぐる料金制により、毎月10万円以上のコストに対してなんとかせねばならんと思ったせいもある。(NTT回線使用料及びプロバイダ接続料のそれぞれが従量制であった)
◆1996年12月
 「ホームページ」なるものを作成するためには「HTML」なるものを習得せねばならぬということを知る。一般のプログラム言語に比べるとはるかに容易なものであるから、理解は早かった。ついでに「JavaScript」さらに「Java」へと進出していった。学習方法は、海外サイトを開いて、ソースを表示し、そのソースを徹底的に解析し、使えそうな箇所は取り入れるといった手法の繰り返しであった。
◆1997年1月
 とりあえず作成してみたものを試験的にアップロードしてみる。実際アップしてみると何かと不具合が目につくものである。以後、更新を繰り返す。
◆1997年2月
 2月14日、この日の更新をもって、とりあえず自己満足。アップロードを休止する。これが隷嬢寫眞館の第1版である。当時のネチケット本(死語?)に「インターネットは世界中のユーザーが利用するものだから、当然国際語である英語で記述するべきだ」と書いてあり、これに馬鹿正直に従った結果、この第1版はすべて英語で書かれていた。自分でもメンテしづらくなって、ひと月後には日本語・英語の並行版となる。


reijoh_shashinkan at 15:52|PermalinkComments(0) Share on Tumblr その他全般 

February 13, 2008

PCが壊れて・・・

はぁい歌鈴です

今日の東京は北風ピープー

お天気は良いのだけれど、
とても寒く感じます


あたしの家のパソコンが先月
とうとう起動しなくなってしまいました

今までのあたしなら
もうそれはそれはパニックになりそうなのですが、

なんか、今回はそれほどでも…


とりあえず1カ月近くたちますが、
そのまんま。

音楽仕事も休業状態ってなわけで
のんびりかまえていますわ


多少の不便は感じますが、
無きゃ無いで、どうにかなるものかなと。

おかげで、目の疲労からくる肩こりや
首の痛みも少しはましになり、

これ以上パソコンにかかりっきりでは

体壊れるぞ~

サインだったのかもしれませんね。

皆様も、気を付けてくださいね


karin.jpg
美耶麻歌鈴のブログ 美耶麻歌鈴の顔の無い日々
只今、読者の方にキャンペーン実施中
ぜひぜひ見てね



reijoh_shashinkan at 12:57|PermalinkComments(0) Share on Tumblr 歌鈴 

February 12, 2008

クオリティー

海外のファンの方からおたよりをいただきました。
その中で、隷嬢寫眞館DVDのクオリティーについて教えてほしいという記述がございました。クオリティーとはすなわち品質のことを指すわけです。そこで、その「品質」についてどのように説明すべきか長時間考えてしまいました。何故なら、一言で品質と言われましても、問う方によって、どのような内容を尋ねたいのか違ってくると思われるからです。品質という言葉は、実はとても広範な内容で、かつ、その良し悪しの判断は、問う人の基準によって変動するものと思われます。一応、思い至った分類ごとに、まとめてみました。

1.メディアの品質
現在隷嬢寫眞館で使用しているDVD-Rは、日本のメーカー製品が主となっております。
(TDK・MAXEL)
盤面は1枚1枚丁寧に印刷しており、シール貼付などはしておりません。
コピー処理後もヴェリファイ処理を行って、エラー防止に努めております。

2.映像の画質
1巻の内容は様々な短編の集合体です。その短編の制作時期によっては、画質が良質でないものがまれに存在しますが、全く見えないようなものは存在しません。
決して良質とはいえないものの種類は以下のものがあげられます。
 ①アナログテープに記録されていたソースが経年劣化してノイズが入るもの。
 ②元々の撮影環境が悪いもの(ライティングの不備による光量不足等)。
 ③動画撮影中にスチール撮影を並行処理してフラッシュ光やシャッター音が混在するもの。
現在発売しているものの中で、上記に該当するものは約40~50%です。
なお、画質が最もよいシリーズとして、DDOSがございます。

3.作品内容の出来栄え
これは見る人の主観的基準が異なるのと、それに応じた相対的判断によって決定するものであります。よって、こちらから客観的普遍的評価として提示することは困難と思われます。制作側としては、どのタイトルも最良のものと判断してリリースしておりますが、お客様側からすれば、必ずしも制作側と同一の評価を持つとは限らないわけです。ほとんどのAVのごとく、実際に見ていただいた上で、各人のご判断にお任せしたいと考えております。

概ね以上のような感じになるのでしょうか。
いずれにしましても、高品質の作品制作をめざしたいという気持は常に持ち続けたいと考えます。


reijoh_shashinkan at 09:36|PermalinkComments(0) Share on Tumblr その他全般 

February 11, 2008

発売です♪

こんにちは☆さやかです。
お待たせいたしました☆柳澤沙耶香の作品が発売されました(^0^)

今回はちい~さいホットパンツとスッチーが見物です。
秘書スーツのボールギャグもかな?
とにかく復帰一発目の作品なので、是非見てみてくださいね!

466dfa27.jpg


それと、先月は歌鈴さんと共演の『果てしなき拘束』がみごとランキングナンバーワンになりました!
皆様、どうもありがとうございます!

まだご覧になってない方で、マミーに興味のある方、こちらは隷嬢では初のマミー作りでした。
私と水村氏とカメラマンえりなさんと一緒に製作しましたので、ぜひご覧ください。

545f0571.jpg


これからもがんばりますので、応援宜しくお願いしますm(__)m


reijoh_shashinkan at 00:37|PermalinkComments(2) Share on Tumblr その他全般 

February 10, 2008

隷嬢寫眞館開設記念イベントについて(その2)

p730_05.jpg
アンケートにご協力いただき感謝でいっぱいです。
現時点ではほぼ同数ということで、このままでは両方実施せねばならんかなーと思い始めております。とりあえず今週木曜日頃時点でのアンケート結果を見て最終的な判断をしたいと思いますが、仮決めとして以下のパターンで実施の方向でいることのみお伝えしたいと思います。
(1)パターン1:「緊縛撮影」多数
 午前1時間・午後1時間ずつ程度で、緊縛撮影会を実施します。
(2)パターン2:「拘束体験」多数
 午前に1名分・午後2名分、1名1時間ずつ程度で、拘束体験を実施します。
(3)パターン3:「緊縛撮影」「拘束体験」ほぼ同数
 午前・午後のどちらかにわけて、緊縛撮影会と拘束体験を実施します。
場所:池袋
月日:2月23日(土)
費用:\10,000(1時間見当)
詳細:後日決定いたします。(下記の仮申込の方にメールにてご連絡いたします。)
仮申込:①お名前・②連絡先(携帯電話で結構です)・③参加希望のイベント(「緊縛撮影」「拘束体験」)・④参加希望時間帯(午前・午後)・⑤その他特記事項、等を明記の上、「件名」を「隷嬢寫眞館開設記念イベント仮申込」として、以下のメールアドレスまでメールをお願いします。(「アット」を英半角の@に変換して使用してください。)
nocturnesアットdream.com
※当日モデルは未定です。
※上記仮申込は、正式の申込ではありません。イベントの詳細が決まり次第、正式なお申込をいただければと思います。


reijoh_shashinkan at 22:59|PermalinkComments(0) Share on Tumblr その他全般 
アーカイブ